その費用は修繕費?それとも資本的支出?〜両者の違いを分かりやすく解説します。

TSUCH160130520I9A6560 TP V

こんにちは。東京・世田谷区、法人専門の税理士 藤村です。

固定資産を修理した場合、固定資産(資本的支出)とするか修繕費とするかは、お客様からご質問いただくことが多い論点です。

今回は、税務調査でも問題になることが多い「資本的支出と修繕費」について分かりやすく解説します。

資本的支出と修繕費の違い

まず、資本的支出と修繕費とは何かを説明しましょう。

資本的支出

固定資産の修理、改良のために支出した金額のうち固定資産の価値を高め、またはその耐久性を増すこととなると認められる部分に対応する金額が資本的支出となります。

たとえば、以下のようなものは、原則として資本的支出に該当します。

  1. 建物の避難階段の取付等物理的に付加した部分に係る費用
  2. 用途変更のための模様替え等改造又は改装に直接要した費用
  3. 機械の部分品を特に品質又は性能の高いものに取り替えた場合のその取替えに要した費用の額のうち、通常の取替えに要する費用を超える部分

(注) 建物の増築、構築物の拡張、延長等は建物等の取得に当たる。

ポイントは、固定資産の価値を高める耐久性を増すという点です。

これらに該当する支出は、固定資産の取得原価に算入し、資産計上することになります。

修繕費

固定資産の修理、改良のための支出のうち固定資産の通常の維持管理のため、または毀損した固定資産の原状回復のために要する金額が修繕費となります。

たとえば、次に掲げるような金額は、原則として修繕費に該当します。

  1. 建物の移えい又は解体移築をした場合におけるその移えい又は移築に要した費用
  2. 機械装置の移設に要した費用
  3. 地盤沈下した土地を沈下前の状態に回復するために行う地盛りに要した費用
  4. 建物、機械装置等が地盤沈下により海水等の浸害を受けることとなったために行う床上げ、地上げ又は移設に要した費用
  5. 現に使用している土地の水はけを良くする等のために行う砂利、砕石等の敷設に要した費用の額、および砂利道または砂利路面に砂利、砕石等を補充するために要した費用

ポイントは、固定資産の機能維持のための支出毀損した固定資産を現状回復するための支出であるという点です。

これらの支出は、修繕費として費用処理することになります。

 

区分が難しい場合

基本的な考え方は、以上のとおりですが、実務上はどちらに該当するか判然としないケースも多いでしょう。

そこで、以下に修繕費と資本的支出の判定フローチャートを用意しました。

 

【修繕費と資本的支出の判定フローチャート】

2016 11 22 1513

 

上記のフローチャートに沿って、判定すれば間違いがないでしょう。

 

おわりに

以上、資本的支出と修繕費の考え方について整理しました。

修繕費の処理は、税務調査でも必ず確認されるポイントです。

資本的支出とすべきものを修繕費として処理すると、費用が過大になり、その分利益が圧縮されるため、税金が少なります。

したがって、調査で発覚した場合、追徴課税されることになります。

ルールに沿って正しい処理を心がけるようにしましょう。

 


東京・世田谷区の藤村総合会計事務所

中小零細企業のみなさまに、決算・申告、資金調達、資金繰り改善など豊富なサービスをご提供いたします。

 

 【業務メニュー】


無料冊子『融資獲得7つのポイント』プレゼント

多くの経営者の皆さまがお悩みなのが、会社の資金繰り。しかし、日々資金繰りに追われていては、会社の本業に注力することはできません。

本冊子ではあなたの会社を「銀行からお金を借りやすい会社」に変身させるための7つのポイントを解説します。

この1冊で、あなたの会社はもう資金繰りに困らない!

いまなら、お得な特典もついています。

ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい!


ABOUTこの記事をかいた人

東京都世田谷区の公認会計士・税理士 藤村千秋です。大手監査法人、M&Aコンサルティング、税理士法人を経て、2016年9月に独立開業しました。中小企業、ベンチャー企業に対する法人税務、資金繰り改善、経理業務効率化、M&A支援を得意としています。職員を雇わず、公認会計士・税理士である藤村が、すべてのお客様をサポートいたします。