財務デューディリジェンス

duedili01

財務デューデリジェンス(due diligence, DD)は、公認会計士などの会計専門家による詳細な財務調査のことです。

他社の合併・買収(M&A)等を行う場合、財務DDを実施せずに投資や買収を行うと、対象会社に不良資産や簿外債務などがあった場合、不測の損害を負うリスクがあります。したがって、M&Aに伴うリスクを回避するためには、財務DDは必要不可欠な手続きです。

弊事務所は、M&Aコンサルティングに豊富な経験を有する公認会計士を中心に、効果的な財務DDサービスをご提供いたします。

 

財務デューデリジェンスを行うときの主な視点

  • 対象会社や対象事業を取り巻く環境(経済全般、業界の状況、社内組織体制など)
  • 事業スキームや営業上の基本となる契約関係の確認
  • 対象資産の実在性や価値評価
  • 対象負債の網羅性
  • 内部統制手続の妥当性、コンプライアンスの状況
  • 過去および現在の会計処理の適正性、継続性など
  • 資金繰りの状況
  • 将来の事業計画の妥当性
  • 再編対価(買収価額や合併比率など)に関する検討

人事や法務に関するデューデリジェンスについては、弊社のネットワークを活用し、お客様の状況に適した法律事務所や社会保険労務士事務所をご紹介いたします。

(注)本サービスは、案件規模に応じて、外部の提携コンサルティングファームと連携して実施いたします。