株価評価サービス

kabusikihyouka1

以下のようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • TOBや組織再編で合理的な株価算定が必要だが、大手証券会社や大手監査法人の報酬では高すぎる。
  • 少数株主からの株式買取等で第三者が介在するため、合理的な説明ができる評価書が必要だ。
  • 資金調達のために自己資本を改善したい。そのため第三者割当増資やDES(債務の株式化)をしたい。
  • ストックオプションの行使価格を決定するために、株価評価が必要だ。
  • 買収先の株価の妥当性を確認したい。
  • 裁判で株価評価の意見書が必要だ。

増資、持株譲渡、M&A(合併・買収)など、会社の株価評価が必要となる局面は多々あります。

藤村総合会計事務所では、数多くの評価案件に関与してきた経験豊富な会計士が、クライアント様または買収先の公正な株価評価を、リーズナブルな報酬で提供いたします。

 

評価の前提

  • ヒアリングや資産の実地確認を伴わない資料・データによる評価のほか、マネジメントインタビューやデューディリジェンスに基づく精緻な評価も可能です。
  • DCF法、修正純資産法等の一般的な評価手法による株価評価となります。
  • 取引相手先との交渉の出発点となる時価を提供します。

 

 案件実績

  • 所在不明株主からの株式買取に伴う自社株評価
  • 東証1部上場企業の組織再編に伴う株式交換比率の評価
  • ストックオプション会計適用のための自社株評価
  • 東証1部上場企業のグループ再編を目的とした合併比率の評価
    その他案件実績多数(累計100件超)